プラスチックの種類について-①

プラスチックは包装材料にたくさん使われているそうです。

安いということと、衛生的、機能性を持っているということと、成形しやすいということもあるかと思います。

成形しやすいことから、形状や厚薄というのも自在にできるそうです。

プラスチックはそれぞれ固有の特性があると聞いています。

そんなプラスチックの持つ長所を活かしつつ、短所をカバーするような組み合わせを選択することで、ますます良い包装資材となるのではないでしょうか。

PEは防湿性、防水性、ヒートシール性、耐寒性、耐薬品性に優れていて、伸びて柔らかく成形加工性が良いそうです。

短所としてはガス遮断性がないそうです。

PPは、耐熱性、耐油性、防湿、防水性があるそうです。表面硬度が高く透明性の維持と剛度が高いと言われています。

CPPはレトルト適性とヒートシール性があるそうですが、ガス遮断性には欠けるそうです。

PSは光沢、透明性、剛性、成形加工性、耐水性、耐熱性が低く、ガス遮断性に劣っていると考えられています。

PVCは光沢、透明性、防湿、耐水性があるそうで、可塑剤によって柔軟性を付与することができるそうです。

ガス遮断性は良い方だそうですが、耐寒、耐熱性に劣ると言われています。

PETは物理強度や剛度があると聞いたことがあります。

透明性、耐熱性、防湿、防水性、耐油性、レトルト適性、容器成形性、保香性があるそうです。ガス遮断性には欠けるそうです。

PAは強靭だそうです。ガス遮断性、耐熱性、耐ピンポール性、レトルト適性耐摩耗性、耐油性、耐薬品性があると考えられています。

EVOHは、光沢、透明性、耐油性、耐薬品性、香気遮断性があるそうです。乾燥状態ではガス遮断性が高くなるそうですが、吸水すると低下してしまうと聞いたことがあります。

PCは高い耐熱性、透明性、剛性、成形性、酸素遮断性、防湿性があるそうです。

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です